カレーはたくさん種類があります。それに伴い価格帯も10000円を超えるとんでもないカレーもあったりします。今日はそんなお高いカレーの話。

まず私がいくらか食べてきたカレーの中で一番高いカレーが三重県は伊勢志摩観光ホテル、ラ・メールの伊勢海老のカレー。14000円くらい(サービス料やホテルの宿泊費、ディナーとごっちゃになってしまいました。うろ覚えですみません) 

次に箱根は富士屋ホテルのザ・フジヤの伊勢海老のカレー or 鮑のカレー。こちらはコースで12000円。単体で出してもらいたければ要相談です。

F1010062_R
ラ・メールの伊勢海老のカレー。カレーのルーは塩気が控えめです。ゴーゴーカレーやバーグ(横浜人しかわからないかな?)のカレーが好きな方からしたらパンチが効いてない、と思えるかもしれません。しかし、このカレーの特徴は圧倒的な伊勢海老の香りです。カレーのルーに負けない伊勢海老の香り。これがほんとうに信じられませんでした。どれだけの伊勢海老を犠牲にしたらこれだけの香りが出せるのか。ここまで渾然一体となったカレーはカレーと呼んでいいのか。もはや感動しかありません。

ラ・メール クラシック(現在改装中)

IMG_20150921_141145_R

 富士屋ホテルの伊勢海老のカレー。こちらは打って変わってルーと素材は別に供されます。こちらのルーも同様に塩は薄め。煮こまれた野菜のインパクトが強く、火を通した伊勢海老の香りとのバランスが考えられています。なお、ルーは鮑のカレーと同じプレーンのルーということだそうです。ルーの美味さがじわじわ聞いてくる良いカレーです。

12033294_1089659164398155_858408668_n_R02

ということで伊勢海老、鮑両方を頼んで見たらいっぺんに来てしまいました。イレギュラーな注文だしコースだから、と油断してました(´・ω・`)

富士屋ホテル





食べてる時だけは値段のことは考えないことが大事です(´Д⊂ヽ