1/30に幕張メッセで行われていたニコニコ闘会議に行ってきました。
P1300143_R

スプラトゥーンのシオカラーズがライブをやるということでYOU君のお誘いに乗る形です。
会場は色々とブースが有りますが、今回したかったこととしては

・アナログゲームで遊ぶ
・昔のゲームを見る
・音楽を聞く

の3点。実況とは、つまるところリアクション芸なのであまり興味がわかないのでスルーすることに。

ということでポーカー。ルールはテキサス・ホールデム。同じテーブルの人の資金が全員同じであるならば最初に勝った方が圧倒的に有利というもの。これは追々練習したいなぁ。

次に将棋。以前読んだ「AIの衝撃」という本でも取り上げられたponanzaというAIと対戦できるそうなのでやってみました。4手落ちのハンデをもらいましたが59手であっさり死亡。ええ、不勉強ですごめんなさい(´Д⊂ヽ

その後はカルカソンヌ。ドイツのボードゲームです。これは面白いですね。 常に選択を迫られるのでなかなか考えさせてくれる良いゲームです。
P1300165_R

そして、ニワトリのしっぽ 。神経衰弱系のゲームですね。一緒のテーブルだった若い女性に凹まされました。もう年なのか(´Д⊂ヽ


P1300148_R

そして,アナログではないんですけれども面白かったのがえ~でる砂場 。プロジェクションマッピングと砂で遊ぶ子供向けゲームです。砂がなんか特殊で砂同士の吸着はしっかりあるのに、油分、水分が無く手が汚れません。何だこの素材は。周りの目がなかったら一日遊んでいられそうですよ、これ。
 ※ ガチ勢がいました

やっぱりゲームはアナログ:デジタルは5:5くらいが丁度いいのかもしれませんね。

P1300145_R

 古典ゲームもプレイ。ドアドアやラブマッチテニスなど当時のハードが置いてあり色々とノスタルジーですね。ドラクエの前はこういう会社でしたよね。

今回の最大の目的の一つがシオカラーズのライブです。激混みが予想されるので早めに陣取ろうということで15:30から音楽ステージでのパフォーマンスに舌鼓を打つわけです。自分の中でメインはシオカラーズですが、エレクトーンの演奏は見たかったので都合の良い話です。予想外だったのがTEKARU feat. Kenji Nakajoの演奏とパフォーマンスが素晴らしかったことです。ゲーム音楽やインストのライブでは難しいはずのお客の煽り方が軍を抜いていました。すごい。

そしてメインのシオカラーズ登場。もう、圧巻というか・・・・生で見れて良かった。短いステージではありましたが、ほんとうに素晴らしいです。このライブ感だけは現場でしか味わえないから、わざわざ千葉大陸まで足を運んだ甲斐があったというものです。



昨年の後半のプライベートの時間の半分はスプラトゥーンで埋まってしまったことについて反省はしますが後悔はしない気分にさせてくれる素晴らしいステージでした。テキストは町内会の夏祭りのヒーローショーみたいなものなのに・・・!ゲームが面白いからその世界観を楽しめるんだろうなぁ。