鉄拳というゲームがあります。


■対戦

100円で対戦が出来ます。現在は段位戦というものがあり、上の段位を目指すには自分と同等の段位の対戦相手に勝利する必要があります。段位が上がってくれば上手い人に当たる確率も上がり、負けやすくなります。また、段位が下がれば下手な人に当たりやすくなり、勝ちやすくなります。つまり、実力の上下に関わらず自分と同等の相手と対戦することになるので最終的に勝率は50%に近づきます。対戦時間が1試合3分、勝率50%、1プレイ100円とした場合

<1時間当たりおよそ1000円の予算>
 
■CPU戦(店内対戦)

店内での対戦がない、CPU戦の場合ラスボスの豪鬼含めて5戦できます。たいていの場合何も設定していないお店が多いので2R先取で勝利。1試合2分と仮定して5ステージで10分

<1時間当たりおよそ600円の予算>

■プラクティス

練習するためのモードです。初回5分が100円、終了後100円で継続すると以降7分遊べます。

<1時間当たりおよそ900円の予算>

遊び方に対する予算は以下の通り。地方に行くと100円2クレジットのお店も多いのでその場合はコストは半分になります。

ということで、この鉄拳シリーズ、20世紀の頃や21世紀初頭は100円でCPUなら40分、対戦で連勝制限もありませんでしたから上手くなれば100円で1時間以上遊べたものです。鉄拳7になり、オンライン対戦を導入することでお客さんに100円で10分以上遊ばせないように仕様を変えてきたのです。

osatsu_money_yamadumi

ゲーセンも実入りは良くなりますね。対戦もがっつりやる気になれます。これは素晴らしいことです。



儂のように暇つぶしにちょろっとゲームをやるよー、っていう層を除けばですが( *`ω´)