【原稿】

皆様、ご無沙汰しております。長らくお時間を空けてしまいました。
鉄拳小話5回目は、鉄拳タッグトーナメント1を思い出します、です。

本日のアジェンダはこのようになっております。基本的には鉄拳を日頃やっていない人が突如、超人オリンピックに参加することになり、エアなんとか仮面と闘わなくてはいけなくなったという事態にあったときに付け焼き刃で何とか嫌がらせしてやろう、というのが目標になります。その為、今回は鉄拳シリーズ初心者向けとなります。

まずは鉄拳の基本動作です。覚えることは3つだけですのでこれだけ覚えておきましょう。まずはバックダッシュです。後ろを二回入れたら斜め下をいれて後ろを2回入れる。これをひたすら繰り返します。ひたすらです。

次にクロスチョップ。チェンジボタンを押して、走って入場する間に前を2回入れニュートラルを挟んで両パンチ。強い中断技です。

最後ににスライディング。チェンジボタンを押して、走って入場する間に前を2回入れニュートラルを挟んで右キック。下段です。鉄拳タッグ1では、下がって距離を取り、この2つの技を適当に打ってるだけで結構な嫌がらせができます。

次にキャラクターです。平八、一八、デビル、エンジェル、仁、は似たような動作があり強いのでここでは面倒くさいので「三島」と表現します。

何が強いかといいますと、風神拳という技です。出が早く、コンボの指導技、且つしゃがみでも立でもガードさせられる特殊中断です。強いです。先ほどの基本動作とこの技を振っているだけでいい嫌がらせができます。欠点があるとしたらコマンドが難しいことでしょう。なお、一八、デビルは密着すると微妙に反撃を食らいます。

アンナはお手軽にダメージをとれる投げコンボがあります。寝っぱなしでも受け身をとっても当たるのでぜひ押さえておきたいところです。そしてお手軽な地上コンボもあります。さらにしゃがんでいる相手にはガード崩しから双掌破が当たります。これらの技を適当に振りましょう。

レイは高速で後ろに下がることができます。練習は必要ですがうまく使って相手を引き込みましょう。寝ることで相手の攻撃をかわして反撃できます。下段と中段だけ押さえておきましょう。龍声は3発目で構えを変えて意地悪しましょう。

【以下テキストがフリーズして原稿消滅】(´Д⊂ヽ

基本的に新しいことは何もなく、久しぶりにタッグ1やるならどんな技を押し付けるかな―とか思い出してただけです。ということで何かネタあるの?と言われたらないのです。ご容赦ください。

とりあえず今は家庭用鉄拳7を待っている状態です。