twitterに連投したけどとりあえず大まかな解説。

とりあえず解説書いておきますね。 年末にアップしようと思ってたのに急遽アップすることにした動機から。ファランクスとフラミンゴニードルを私は多用します。この技にwall bounceという追加要素が加えられることにより、コンボの構成はseason2で大きく変わる。まとめは早めに、ということでアップした次第。





①対Akuma 今回の動画のコンセプトが分かるコンボを用意してます。厳密に言えばAkumaさんはセビキャンバクステできるので途中で逃げようとしてカウンターで浮いて軽減は可能ですが、ここでは見た目重視。今回の動画のコンセプトは壁剥がしよりもPower Crashをメインに使っていくことをわかってほしいっす。

②対飛鳥 飛鳥のPCを止めるようにワンツーサイドを当てるのは結構タイミングが難しいので対戦で狙うことはお勧めできません。ただ壁際で追い詰められてるときは狙う価値あり。あとこのステージは結構広いですからしっかり運びましょう。

③対平八 平八のPCをステルスニードルでかわして、平八の背面に回っても正面から当たります。あとは適当

④対レオ レオのPCに合わせてボトルカットでかわした場合、レオを軸に100度近く向きを変えられます。後適当

⑤対ポール ポールのPCにRKRKLKを合わせて止めるのは実践では無理です。ほぼジャスト技です。動画ではRKRKLK後は右構えなので7入れで最速で構えチェンジ。予め気合溜め状態にしておくことでRP6RKを無理くり地上コンボ~壁やられ強にしてます。

⑥対一美 一美の返し技であるPCは受けと反撃の2段構成です。反撃は左手の辺りに判定があります。技を重ねたあとはバクステでこの左手の攻撃判定を回避します。これで3秒位の猶予が発生しますのでお好きに調理しましょう。

⑦対キング キングのPCをボトルカットで受けると凄まじく距離が離れます。自分が壁を背負っている場合は距離が離れず立ち位置が変わるので追撃できます。ここでも予め気合溜めしておくことでRP6RKを地上コンボ~壁やられ強にしています。あと適当。

⑧対ギガース ギガースのPCについては以前の動画でセットアップ~サイドキックコンボ~スカイボルトが入りますが、スカイボルトは壁強を誘発しますが、バルコニーブレイクはできません。相打ち上等のソバットでバルコニーブレイクします。あとは適当。

⑨対デビル仁 仁のPC(返し技)は足技などで止めて硬直中に追撃可。このステージのバルコニーブレイク後はフラ~3LK~6の後にRAを出すといい感じに追撃できる距離です。ここは実践でも狙えます。BB後にオーバーヘッドで殺しきれないと判断したときは積極的に狙いたい。

⑩対吉光 昔STL氏がやってたやつを伸ばしただけ。私、吉光のPCをキャンセルする人を対戦で見たことありません。

⑪対パンダ 襖チャレンジ。実践でRAでBBは実践で狙うのはまず無理でしょう。3枚目の襖からバルコニーまで90度の角度だった場合はRAで壁まで到達してしまいます。狙うなら無理に角度をつけましょう。

⑫対フェン 全力でPCをホールドしてくれるとこれだけ猶予ありますよ、的な。そしていい感じに軌道修正してくれます。それを使って飛び越えてみましょう。

⑬対クマ 2年前からやってるコンボを少しずつ伸ばしました。ようやくバルコニーブレイク~壁剥がし~ウォールブレイクの往復に成功しました。残念ながらRA後にカットローハイの入る距離は作れませんでした(´;ω;`)